Jiniam Note ~もっと自立した人生にするために~

日々自分で実践している節約の方法やお金の貯め方、興味があって調べたこと、旅の記録などなど

タイ・サムイ島 格安旅行記:チャウエンビーチの安いホテルと食事

time 2015/05/02

sponsored link

宿泊ホテル

P&P Samui Resort (P&Pサムイリゾート)

私達が宿泊したホテルはチャウエンの中心地に近く、ビーチサイドに立地するP&P Samui Resort (P&Pサムイリゾート) というホテル。

予約当時、周辺にあるホテル(ビーチサイド+プール付き)の中では格安でした。

ロケーション

チャウエンのほぼ中心地に位置し、アークバーの隣。
敷地内からそのままビーチに出られます。

客室

部屋は思っていたよりも広く感じた。
ただし備品は価格相応。冷蔵庫があまり冷えなかった。


バルコニーからの眺め

サービス

毎日清掃はしてくれるがミネラルウォーターの補充は最初のみ。フロントの人達ははっきり言ってフレンドリーではなかったですし、サービスもあまり期待しない方がよいです。
wifiは無料で利用可。

プール

専用プールはあるが狭い。プカプカ浮かんで涼むには問題なし。
ビーチが近いためか、利用している人は少なかったです。

ビーチ

このホテルのビーチサイドも夜はバーになる。隣のアークバーとの行き来も容易。

ホテル内のレストラン

利用せず。 

敷地内。2階建ての部屋の建物が並ぶ。

総評

サービスはあまり良くないが、チャウエン中心近くのビーチサイドで安く滞在するのにはオススメ。

食事場所

チャウエンビーチ中心はラマイ以上に観光客向けのレストランが多くあるので、色々選べます。

しかし、昼も営業している安くてお手軽な食堂はあまりありません。特に昼に営業している常設の屋台が殆どありません。

ただし、周辺で働いている現地の人達が食べるための移動式の屋台がたまに停まって販売しています。基本的にすぐに移動してしまうタイプの屋台で、見つけて気に入ったらさっさと買わなくてはなりません。

これらの屋台では基本的にご飯に惣菜を上にかけるタイプのものが買えます。

日中のご飯を手軽に安く済ませたい場合には重宝します。

逆に夜になると営業する食堂や屋台なども多く、色々選択肢が増えます。
ビーチにもずらっとバーが開店します。
なので夜は困りません。

ビーチ

場所や時間によるのかもしれませんが、ラマイビーチに比べて遠浅なビーチでした。なので子供連れなら安心かもしれません。

また、ラマイに比べて賑やかで、バナナボートなどのアクティビティもあります。

続く。

【タイ・サムイ島 2014 格安旅行記】
その1:準備・手配編
その2:エアアジア:羽田⇒クアラルンプール⇒スラタニ
その3:スラタニ空港⇒サムイ島へ
その4:サムイ島 ラマイビーチ地区
その5:モバイルデータ通信用プリペイドSIMカード購入・使い方
その6:ラマイ地区:ヒンター・ヒンヤイとラマイのウォーキングストリート
その8:サムイ島からスラタニ空港経由クアラルンプールへの移動
その9:クアラルンプール・KLセントラル周辺、そして帰国
その10:まとめ:10日間で総額約7万円で行けちゃいました

down

コメントする




CAPTCHA


ライフハック

日記



最近のコメント

    過去の投稿